ブログ

みなさんこんにちは!
台東・豊島・文京エリアサービスの大野です。
今年は台風が日本を直撃することが多く、荒れた天候が続いていますが、
もうすぐ秋がやってきます。

秋と言えばスポーツの秋。
今年はリオオリンピックで盛り上がった年ですし、東京五輪に向けて様々な話題が
尽きない毎日が続いています。10/10(月)には体育の日として、
各地でスポーツイベントが開催されるかと思いますのでぜひ参加してみて下さい!

さて、秋には他に、食欲の秋として楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。
そんな方々に耳寄りな情報が!!

池袋など主要エリアで人気だった魔法の様な本、【ワンコインランチ東京】のWEB版が9/13日にスタートしました!※関東は池袋、関西は大阪が第一弾として公開

これからは、本が無くてもWEBで登録してお店でスマホを差し出し、
人気のメニューをワンコインで食べる!なんてこともあたりまえになってくるかもしれませんね。

そんな風にこれまでとは違った部分で集客が見込めれば、それに合わせた+1メニューの開発や適切な人員配置をすることでこれまで以上の売上アップが見込めます。

これから、年末商戦に向けて人員配置を考える企業様も多いかと思われますが、
「どうやったら人を集められるの?」
「なかなか定着しないんだよね・・・」

そんなお悩みなど、採用でお困りの際は、ぜひ私達まで!

株式会社プライムサーヴ
台東・豊島・文京エリアサービス
TEL 0120-046-559
営業担当/大野




  • プライムサーヴ台東・豊島・文京エリアサービスの中野です。プライムサーヴ台東・豊島・文京エリアサービスの中野です。


    先日、私が回っているエリアの豊島区で、こんなニュースを耳にしました!


    豊島区を代表する街、池袋に「LRT」という交通システムを走らせようという計画があるそうです!

    LRTとは「Light Rail Transit」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「軽量軌道交通」というものらしいです。



    …と聞くと、すでに豊島区に走っている写真のような「路面電車」をイメージしますが、低床式車両の導入や駅のバリアフリー化など、日本で昔から走っている路面電車とは違う特徴を持つことから、従来の路面電車と区別する意味で「LRT」と呼ばれているそうです。


    現段階では池袋駅東口を起点に、サンシャインシティの東側、北側を走って池袋駅東口に戻るという約2キロメートルのルート案があるそうです。

    2019年度以降は、駅前の道路を廃止して歩行者広場にする構想を持っているということで、そこにLRTが乗り入れれば、池袋東口のイメージは大きく変わっていきますね。


    現在、池袋駅には1日の利用者数は250万人超。駅前の交通量も多いですが、近い未来に向け、これからどんどん整備されていくことでしょう。
    そうすると必然的に仕事が増え、働く人手が必要となり…町が変わるに連れて、「働く人々」はどんどん需要が高まっていきますね。

    そんな未来のお話も踏まえ、このエリアを元気にさせていくことに少しでも関わることができたらなぁ!と思いました☆


    株式会社プライムサーヴ
    台東・豊島・文京エリアサービス
    TEL 0120-046-559
    営業担当/中野



  • ページトップ